2006年12月04日

犬のしつけについて息子と相談

家族の中で犬を一番欲しがっているのは下の子小学6年生の息子です。
当然しつけ担当で身の回りの世話も息子の係りになります。

ここで一つ問題が発覚
一家の主である僕は当然のことながら体も家族の中で一番大きく子犬にとってもすぐにリーダーとわかるんでしょうけど、一番小さな下の子がしつけを担当した場合ほんとうに言うことを聞いてくれるのだろうかと心配です。

僕も小さいころに犬をしつけようと頑張ったけど何一つ上手くいかず涙を流した記憶とイライラして叩いたり蹴ったりした記憶があります。
いま考えたらおじいちゃん、おばあちゃんとの大家族の中で犬が子供のいうことを聞かないのはわかりきったことなんですけどね

下の子がこのハードルをクリアできるかどうか心配です(汗

ある程度理論的にこのことを息子に説明したところ半分理解?してくれたような感じで「おれ、がんばるわ」と言ってくれてるので期待してみたいです。

まずは俺の犬のしつけテスト問題10問に正解しないと犬は飼わないと息子に宣言しておきました。
posted by わん吉 at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
PR-総合ペットショップ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。