2006年12月18日

経営破綻のドッグランド

新聞やテレビなどで経営破綻したドッグランドのニュースが流れております。
私はそのニュースを見るのがすごく嫌です。
傷ついた犬の姿を見ると悲しい気分にさせられ、なんとかしてあげたいけど私一人が何も出来るわけもなく歯がゆい思いにさせられます。
犬を儲けの道具に使うなとはいいませんが人形やロボットではなく犬は感情を持ち合わせた立派な動物であり破綻したからといってほったらかしにするようなことはして欲しくありません。

犬は3日飼えば恩を忘れないといいますが、虐待された記憶も一生消えないのではないかと思います。
人間不信に陥った犬が今後どういう生涯をおくるのかと思うと不安でなりません。
せめていい飼い主が見つかり上手にケアしてくれることを望みたいと思います。

我が家も犬を新しく飼うにあたって飼えなくなったときのことを少しでも考えた場合、他人事ではなく責任をもって飼わなければならないということを肝に銘じておきたいと思います。

愚痴みたいになりましたが、中2の長男が塞ぎがちで最近はあまりしゃべらなくなりましたが犬を飼うことにより少しでも笑顔を見せてくれたらいいなと期待感も少しほどありますw


posted by わん吉 at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
PR-総合ペットショップ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。